ディノベートホワイトニングの成分をチェック!研磨剤は入ってない?

ディノベートの成分を確認

この記事ではディノベートホワイトニングの成分について紹介します。ディノベートホワイトニングがどういう成分によって歯を白くしくれるか、有害なものは入っていないか気になりますよね…。

ディノベートデンタルホワイトプロは研磨剤は入っているのか、安全性はどうなのかをお伝えしていきますので、dennovate購入前にしっかりチェックしておきましょう!

 

ディノベートホワイトニングの全成分をチェック

まずはディノベートに配合されている全成分を確認してみましょう。

【全成分】
グリセリン、水、BG、エタノール、キサンタンガム、メントール、クエン酸、リンゴ酸、アラントイン、o-シメン-5-オール、三リン酸5Na、ピロリン酸4Na、ホップ花エキス、ワレモコウエキス、チャ葉エキス、クマザサ葉エキス、カニナバラ果実エキス、香料

 

3種の成分がホワイトニングで白さをキープ

ホワイトニング成分

ディノベートに配合される成分のピロリン酸+ポリリン酸+DL-リンゴ酸のW成分が歯の表面から汚れを浮き上がらせます。

毎日のブラッシングでこうした成分が歯のステイン汚れをすっきり落としてくれて、DL-リンゴ酸が歯の表面をコーティング。

汚れをつきにくくするから、歯の白さをきっちりキープできるんです。

酸と聞くとなんだか怖そうですが、絶妙に調整した強すぎない酸だから、歯にしみることはありません。

ホワイトニング成分:ポリリン酸、ピロリン酸、DL-リンゴ酸

5つの成分が口臭や歯周病を予防してくれる

口臭予防・歯周病予防成分

ディノベートホワイトニングのシメン-5-オール、アラントイン、ノバラエキス、クマザサエキス、ワレモコウエキスという5つの成分が口臭や歯周病を予防してくれます。

  • アラントイン:歯茎の腫れ、炎症を抑える
  • シメン-5-オール:口内の雑菌を減少させ、口臭を予防
  • ノバラエキス、クマザサエキス、ワレモコウエキス:歯茎の抗老化、引き締め

 

新成分GTOが虫歯の原因をシャットアウト

GTO成分

ディノベートにはウーロン茶エキスやホップエキスからなる新成分GTOを配合。

虫歯の原因になるネバネバ物質GTF(グラコシルトランスフェラーゼ)をシャットアウトして葉の健康を守ります。

 

ディノベートには研磨剤は入っていません

ディノベート・デンタルホワイトプロには研磨剤は入っていません。

だから電動歯ブラシや音波ハブラシでも安心してブラッシングできます。

歯の表面を削るわけではなく、成分によって歯の黄ばみを落として白くする発想に好感が持てます。

 

医薬部外品GMPの厳しい監査で品質管理

ディノベートホワイトニングは、製造管理・品質管理の適性を求める医薬部外品GMPの厳しい監査のもとにガイドラインを遵守した工場で製造されています。

しっかりとした管理体制で製造されているから安心感がありますね。

【GMP】Good Manufacturing Practice

  • 人為的な過誤の防止
  • 汚染及び品質低下の防止
  • 高度な品質な確保

GMP品質管理

 

こうした成分に対するこだわりがあるから、ディノベートホワイトニングには良い口コミが多いんでしょうね。

<参考>ディノベートホワイトニングに寄せられる口コミを検証

タイトルとURLをコピーしました